言波(ことのは)語りブログ

言波導(しるべ)が物書きと感想文で自由に語ります

2019年振り返り

こんにちは!言波 導(ことのはしるべ)です!

2019年も大晦日!この1年を振り返ってみようと思います!

まあニュースになったことを振り返っても面白みに欠けるので

私情を挟みまくった、イヤ、それしか無いかも知れない

そんな振り返りの記事にしたい。イヤ、する!

 

 

ザックリ最初から行くと、と言うかあまり記憶が無い。心理テストでも記憶力の面は健常者より劣っているのが結果として出ている。それで1月、2月はカクヨムと言うウェブ小説を書けるサイトの4回目の大きな公式の賞に向けて小説を書いていた。物語りを作るのも好きだけど、頻度としてはそれほど趣味や仕事レベルまで行かない。どちらかと言うとゲームの方が趣味だろう。仕事では無いが。しかしそのゲームすら惜しんで集中して、小説を書き上げ応募期間までに間に合わせた。Twitterでも詩のアカウントは活動を一時中止した。しかしもう1つのメインアカウントはフォロワーさんを失う恐怖から身を守る為、レインボーシックスシージと言うゲームの動画やツイートをしていた。つまりゲームしていたんだよな!(笑)

 

3月はTwitterのフォロワーさんが楽しく、はてなブログを始めていて小説を書く生き抜きに読んで楽しませてもらった。それをきっかけに小説も書き終えた訳だしと思い、

3月の初めから導君もブログを開設して100記事までは毎日記事を書いていた。

 

4月は2018年の入院時から見学を繰り返し、ようやく通所出来るようになったデイケアと言う医療機関に通い始めた。カクヨムのコンテストにコチラが集中したいと言って2月頃の利用開始だったが、施設側が対応してくれて4月からになった。

 

5月は多少Twitterのフォロワーさん数が減りに減って自殺未遂したり、その後持ち直し通院やデイケア通えていた。主治医からまた「これは入院だね」って言われたけど、なんとか2019年は入院はまぬがれた。理由としてフォロワーさんにリムる場合は一言リムる理由を言ってもらうと言う解決策に辿り着いたからだ。お互い気分良く別れることがメリットだと思う。それ以降無言でリムる輩は精神衛生上よろしくないので、バカやアホ等、勝手にののしっている。ちゃんと別れを告げた人には、そこに導君のいたらなかった点があったと反省する。

 

6月、7月、8月は通院にデイケア保健師さんとの面談と色々と通常運転で通えたかな。寝坊することもあったけど。Twitterでは6月24日に「おはよう」ってリプ返し合う程のフォロワーさんにブロ解されてショックだったのを覚えている。その数日後導君が一瞬だけフォローし直して別れの挨拶が出来た。あの朝も忘れがたい朝だ。泣いて、もう一度彼女のフォローを外したしたのは心が痛かった。7月頃からあまり使っていなかった、ゲーム専用Twitterアカウントを活用したいと思い、

レインボーシックスシージの動画画像の拡散アカウントとして運用してみたものの疲れたし、他に拡散アカウントがあるから導君が頑張らなくてもいいやってなって8月末に通常アカウントとして戻った。あと8月は久々に数年振りの地上からの音のある花火を見た。2年ほど病院からだったからしみじみ思う。

 

9月は導君の誕生日があった24歳になり、2020年には25歳だ!

そして歯が痛くて歯医者に行ったし歯磨きも心掛けるようになった。たぶん歯周病だと思う。でも大晦日の現在、歯茎もそこそこ健康的な色になって来た。あと地元の神社のお祭りに行った。色々食べたな~。

 

10月は特記事項無し

 

11月は友人や母親の手助けを借りて詩集を印刷会社で印刷して完成した詩集を文学フリーマーケットと言うコミケの文学版の少し固いイベントに出店した。詳しくは下の記事参照

 

kotonohasirube.hatenablog.com

 12月はレインボーシックスシージのクラン(チーム)を抜けたり、解散したりした。掛け持ちしていて、ありふれた通常のクランと育成クランに入っていた。通常のクランはクランマスターとTwitterでトラブルがあり、以前からも導君には風当たりが強く心地の悪いクランだった。クラマスはゲーム内VCの他、LINEのグルチャで散々、学業や家庭のストレスを発散して戦力では無かった導君に当たるようにストレスを振りかざして来た。そして新メンバーの小学生にも吹き込んだのか、「リコイルコントロール出来ない雑魚ってあなたですか」と導君に向かってグルチャでLINEさせて導君は初対面だし年下でもちゃんと、挨拶しょうと思い挨拶したのに、その言われよう。ホント、ガキ共が年上なめてるんじゃねえよ。しかもそのクラマスは思い通りに行かないとLINEのグルチャを荒らすし、スゴイ精神年齢が低い。学生であるし思春期だと思うけど、それでクラマスと言う人の上に立つ存在になる考えは、あさはかである。

多少グチになってしまった。申し訳ありません。

それで通常クランは居心地最悪だったし抜けて清々している。

しかし育成クランがなぜ解散したか、それはLINEのグルチャが動かなくなったことからメンバーの一人が「抜けていいですか」と育成クランのクラマスにたずね、クラマスは「そもそも活動を最近してないからオレも抜ける」と言って育成する者がいなくなり、途端に残された育成される側のメンバーは続々と抜けて行った。このクラマスはとても、メンバーに良くしてくれて、伸び悩んでいた導君には個人チャットで会話してくれて通話もして上達出来ていないポイントを教えてくれた。時に厳しいことも言われた。「やる気が無ければみんな切り捨てるつもり」と。だからグルチャが動かない=やる気なしと判断されたのだろう。でも育成クランはとても居心地よかった分、解散したのは残念だ。

 

 

まあそんな2019年と言う一年間だった

2020年はどんな年になるかな?

良い年になるといいな

この記事を読んでくれた方も良いお年を!