言波(ことのは)語りブログ

言波導(しるべ)が物書きと感想文で自由に語ります

同級生の誕生日と自分語り

彼は元気にしているだろうか。

お互い、今でもそうやって気づかえていればいいが。

2019年12月9日

彼の24歳の誕生日だ。

ブログを始めてから初めての彼の誕生日。

記念に記事を書くことにした。

小学時代の親友でよく遊びよくケンカしてよく喋り合った仲だ。

20歳の年にあった同窓会では元気そうだった

しかしその時期、自分は二度目の高校に行っており

まだ小学時代の同級生のように華々しく大学進学や一人立ちをしていている訳ではなかった。だから同窓会で会えたことは、とても嬉しかったが

自分の近況を胸を張って言えなかったのが、もどかしかった。

同窓会の時はスマホも持っておらずSNSもやっていなかった。

連絡先の交換のしようが無かったから2019年の現在も彼らとは

連絡が取れていない。

 

彼の住んでいた家はどこにあるかは知っているが、彼が今その家に住んでいるとは限らない。またゲームの話しでもしたいものだ。

今、繋がりのある中学からの友達ともゲームをしたり、その会話をしたが

今の彼らはゲームをする余裕が無いと言う。

きっともしかしたら小学時代の親友の彼も同じことを言うのではないか、

そう思う。

それでももう親友も友達も、お酒は飲める。

自分は同窓会の時は一滴も酒は飲まなかった。

なぜなら最初に飲む酒はラム酒で自分の稼いだお金で買った物を飲むと決めていたからだ。2019年の7月に姉からの紹介でマイクロミルというアンケートモニタをしてポイントを貰い現金化することが出来るのでコツコツとポイント稼ぎ、ようやく祖母からの小遣い以外で自ら収入を得たからラム酒を買い、初めて酒を飲めたので、

酒の飲めない制約は無くなった。つまりもし今度、小学時代の同窓会なりあったなら、

もしどこかで彼と再会出来たなら、酒をたしなむ程度に飲み交わしたいものだ。

 

だがきっと彼の方が社会経験は豊富で、語る内容もまた違いがあるだろう。

自分はまだ医療施設に通っている。通所が終われば職業訓練校などに通うだろう。

まだ数年、彼とは同じラインに立つのは難しいだろう。

でも少しずつ社会適応を目指そう。一度も社会に出たことが無い分社会復帰という言葉は自分には合わない。

 

いつでもそうだったんだ。

目標にしているのは富豪や有名人じゃない。そこにあるのは小学時代の同級生なんだ。そして同い年だからこそ高め合いたい。スタートは同じだった。

これほど差がうまれたのも自分が発達障害で発達遅滞という病気があるから。

でも発達障害の気は誰しも持っていると数年前のカウンセリングの時に担当者さんから聞いた。だから病気とは上手い具合に付き合って、目標である姿の彼のようになりたい。この記事は彼の誕生日を祝う記事だ。なんだかんだ自分語りになってしまった。せめて最後に彼にメッセージを……。

誕生日おめでとう。再会のあかつきには酒を飲み交わそう。それまで元気にしているだろうか。