言波(ことのは)語りブログ

言波導(しるべ)が物書きと感想文で自由に語ります

【詩:第51部】「水中の私」

【詩:第51部】全4作品

1作品目

「失恋の夏」

真夏の日差しで見た

カゲロウの中の君の影

幻と分かれば

君と過ごした月日も

幻なのかなって

切なくて君ともう一度

恋が出来たなら

 

2作品目

「夏のもう一つの太陽」

背が高く黄色く真ん中に黒い種

陽に向かって顔を向ける君は

もう一つの太陽

夏に咲く

夏の顔と言える

夏の花

そう君はひまわり

種が実は美味しいんだ

 

3作品目

「水中の私」

溶けて行く

なにもかも

重力を感じない程に

水の中へ

そこは小さな宇宙

心が静まり返る

私だけの世界

プカプカと浮かぶ私

全てが開放される

溶けて行く

なにもかも

 

4作品目

「溺死自殺」

青い海

青い空

夏の陽射しに

青い頃の日々を重ね

私の頬には涙が伝う

これで良いと思いながら

身を沈める

深く水の中へ

溶けて行く

なにもかも

私だけの世界

私の終わり

私の最期