言波(ことのは)語りブログ

言波導(しるべ)が物書きと感想文で自由に語ります

トイストーリー4感想【ネタバレ注意】

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

今回はトイストーリー4の感想を語って行きたいと思う

ネタバレ有りなのでネタバレしたくない人はブラウザバック推奨

 

 

 

 

ではトイストーリー4の感想に行きましょう!

トイストーリー4はトイストーリー3でウッディの持ち主アンディーから

ボニーという少女にウッディ達は受け渡されましたね。

そしてボニーの持ち物となったウッディ達のお話し。

 

ボニーは幼稚園で先割れスプーンを使って自作のおもちゃを作る。

そしてフォーキーと名付けお気に入りにする。

ウッディはボニーのお気に入りだったので

ボニーに連れられて共に行動をすることが多く

ボニーの幼稚園にも連れられていました。

それでフォーキーが誕生する一部始終とボニーがフォーキーを気に入る瞬間を

見ていた。

 

幼稚園から帰宅後、ボニーのバックからボニーがいなくなった時に

動き出し、他のおもちゃ達にウッディはフォーキーを紹介する。

しかしフォーキーは先割れスプーンなので、いずれは捨てられるゴミと

自覚していた。その為何度もフォーキーはゴミ箱へ行こうとした。

希死念慮の強い死にたがりかな?(笑)って思ったね。

でもウッディはフォーキーにボニーのお気に入りなんだから

一緒に居てあげないとダメだとさとします。

 

ある日ボニーの家族はキャンプに行くことにしました。

当然ボニーはおもちゃ達を持って行って。

キャンピングカーのうしろで、ウッディ達はフォーキーの

ゴミ箱へのダイブを阻止していた。

しかし

小窓が開いており、フォーキーはそこから出て行ってしまいます。

それを追いかけるようにウッディもキャンピングカーの小窓から出て行く。

そしてウッディはフォーキーを見つけ

ボニー一家の行き先を目指して歩いて行く。

その間にウッディとフォーキーは会話をして

ウッディの持ち主だったアンディーについても話す。

それでウッディはフォーキーにおもちゃとはなんたるかを言いながら

昔話もしてフォーキーはボニーのおもちゃとしての自覚を

持ち始め、ウッディとも打ち解けて行きます。

このシーンは和やかで気に入ってる。

 

ようやくボニーの行き先まで辿り着き、ボニーのキャンピングカーに

戻る際中にウッディはボー・ピープというアンディーが持っていた

貴婦人の姿をしたウッディと同じぐらいの大きさの人形が

アンティークショップにいることを確認して

店の中に入りボーを探します。

しかし夜明け前の店の中をギャビー・ギャビーとその手下の人形ベンソンが

徘徊していてウッディとフォーキーは出くわしてしまいます。

ギャビー・ギャビーはウッディと同じく背中の紐を引っ張ると録音された声が出るアンティーク人形でした。しかしギャビー・ギャビーの物は故障しており

それゆえに子供から愛されずにいました。

ギャビー・ギャビーはウッディの状態の良さに嫉妬してボイスレコーダーを自分の物にしようとウッディを捕まえようとする。

ウッディは逃げ切ることが出来たもののフォーキーは捕まってしまいます。

 

ボニー一家の居るところはアンティークショップ以外に移動遊園地が来ていました。

ウッディは他のおもちゃ達にフォーキーが捕まったことを言う。

そしてウッディはまたアンティークショップに向かい

他のおもちゃはボニー一家が移動してしまわないように時間稼ぎをしました。

当然、ボニーはフォーキーを無くしたので親に探してもらってました。

それでも見つからないと、なりキャンプ場に向かおうとし始める訳です。

 

移動遊園地の中を歩いているとウッディはボーに会います

ボーはアンティークショップに数年居たものの

出て行き移動遊園地と共に自由に自分の時間を使っていました。

ボーには他にも仲間のおもちゃが居て、中にはウッディの知り合いもいた。

それでウッディはアンティークショップの

ギャビー・ギャビーに自分の持ち主が大切にしているフォーキーが捕まっていることを

ボーに話して助けることを協力してもらうように頼みました。

 

そしてアンティークショップに潜入。

その中には当然ボーの知り合いが居て

ギャビー・ギャビーのいるところには鍵を入手しなければなりませんでした。

鍵は移動遊園地で出会ったおもちゃとバズライトイヤーが

アンティークショップの店主が目の前にポンッと置いたことで

あっさり手に入りました。

どう鍵を入手するか考えるシーンは面白いシュミレーションがたくさん出て来て楽しかったです。

 

それでバズと別行動していたウッディとボーは

ボーの知り合いにギャビー・ギャビーの居場所まで行く為の協力者に

協力をあおっていました。

 

そうしてフォーキー救出の準備が出来て、いざ救出。

しかし失敗。

みんなでギャビー・ギャビーの元から逃げるのに精いっぱいでした。

ウッディはもう一度行くと言うものの誰もついて来ようとはしなかった。

トイストーリーシリーズではよく見るウッディにみんなが失望するシーン。

それでウッディは仕方なく1人でアンティークショップに再び潜入。

しかしすぐにギャビー・ギャビーに捕まります。

それでフォーキーを助ける為と交換条件に自分のボイスレコーダー

ギャビー・ギャビーに渡します。

正直ウッディのおもちゃとしての声を失うとは思わなかった。

数々の奇跡を起こしたウッディのボイスレコーダーの声が無くなるのは

ショックだったね。

 

それでギャビー・ギャビーはアンティークショップの店主の孫の

持ち物になろうとしました。

しかし「いらない」と言い放たれしまいます。

ウッディの声は無くなるしギャビー・ギャビーは持ち主現れずで最悪な

展開だなと思った。

 

それで外にいたボーとバズ達に合流してボニーの元に戻ろうとした。

途中で移動遊園地の中で迷子の子供をギャビー・ギャビーが

見つけウッディ達はギャビー・ギャビーにその子の近くに行くように

しました。

そしてギャビー・ギャビーは背中の紐を引っ張り声を出して

その迷子に気を惹かせました。

すると迷子はギャビー・ギャビーのことを気に入りギャビー・ギャビーは

持ち主が見つかりました。

 

フォーキーは先にボニーのキャンピングカーに戻っていて、ボニー一家は

出発するぞとってなっていた。しかしウッディが戻ってないので

フォーキーや他のおもちゃ達は時間稼ぎをしていた。

だが

ウッディはボーと共に居たい気持ちもあった。

バズにウッディはフォーキーがゴミ箱に行こうとしていた頃、

ずっとフォーキーを見張っていたウッディはバズに「どうしてそこまで彼にこだわるんだ」と聞かれ「内なる声がそうしろって言い掛けて来る」と答えていた。

それでバズはウッディがボーと移動遊園地と共に行くかボニーの元に戻るか悩んでいるウッディに「内なる声を聞け」と言う。

そうしてウッディはボー共に行くことを決断する。

するとボニーのおもちゃ達が来て別れをおしむ。

ウッディの胸のカウボーイのバッジをジェシーに受け渡す時は本当にウッディ

それでいいの?と思った。あと少しでボニーの元に帰れるのに持ち主から離れるなんて

あまりにも個人的に納得の行かない結末だった。

 

その後ジェシーがボニーのお供になりボニーの成長を見届けた。

そしてウッディとボーと移動遊園地のおもちゃは遊園地と共に移動しながら

たくさんの子供に遊ばれていった。

 

トイストーリー4で今度こそ完結だろう。もしも続編が上映されたなら

どんな話しになるんだろう。きっとバズはもう出て来ないのかな。

寂しいね。トイストーリー4の物語り全体的に結果として寂しい。

どこかハッピーエンドって感じがしなくてツラい。

でももう一度見に行く予定です☆

七夕の願い事2019

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

 

2019年7月7日(日)七夕です!

七夕になったし願い事を書こうかな

 

まずはTwitterのフォロワー数を増やしたい。だから増えて欲しい!

持ちアカはどれも200フォロワー以上に達していない

メインで稼働させているアカウント2つは2,3年使用している

あとからTwitterを始めた人にフォロワー数を抜かれたことは何度あったか…

ここで挽回したいところだけど伸びないんだよな…。

どうしたら200を超えられるんだろうか

あわよくば1000、2000、1万と増えて欲しいものだ

 

次は文学フリマを成功させたい!

11月24日(土)の文学フリマ東京に出店申し込みをしたのだ。

導君の作品が売れるといいなと期待している

 

次はゲーム、レインボーシックスシージの腕前が上達して欲しい

しかしこれは願うより練習あるのみだろう

Twitterのフォロワー数もきっと自発的にフォローするのが手っ取り早い

 

人は昔からなにかと祈って来た。願いが叶うように。

しかしだ、行動を起こさずして願いは叶わない

願いを叶いたければ祈るより行動だ

祈るという行為は自らに自信が無いからだと思う

存在も不確かな神などに祈ることで

ただ自らに自信をつける行為をしているだけなのかも知れない

だから導君の今回ピックアップした3つの願いは

導君の自ら一人だと行動に移しても不安がある証拠と言えるだろう

だが導君は自分の自信の無いところを見つけられた

当然なにもしなくても願いが叶うなら、それは越したことはないが

導君は少しだけ、少しづつ行動して願いを叶えようと思う!

 

 

 

遅刻がやめられないんだが

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

2019年7月1日月曜日早速通院日に遅刻した

月の初めなのに病院に寝坊で遅刻してしまった…

 

寝坊と遅刻は導君の中では、とても強敵と言える厄介者なのだ

小学生の頃から遅刻をしている

そしてこの前の友達と会う日も少し遅刻した

 

以前、朝起きれないという記事も書いたぐらいだ

 

kotonohasirube.hatenablog.com

 この前の友達と会った日の記事はこれだ

 

kotonohasirube.hatenablog.com

 友達と会った日のことで遅刻には触れてないがブログを

書く上でのヒントがあるので読んでみてもらいたい

 

とりあえず導君は遅刻がやめられないんだが

用事の無い日に限ってバリバリ元気に朝から起きていることが多い。

とうぜん昼に起きてTwitterでおそよございますと呟く時もある。

しかしその用事のある日に時間無く切羽詰まった寝起きをするのは

余裕が欲しいと思い、どうにかしたい。

それでも毎回ではないから、まだ許容範囲だろう

 

導君は2019年7月1日(現在)無職で親に医療費を払ってもらっている、

みじめな生活をしている。しかし自立はまだ先だと言われている

焦らずゆっくり社会に出れるようになればいいと。

それでも導君は早く収入を得たいと思っている

まあそういう話しは別の機会にしよう

とりあえず言いたいのはアルバイトなり仕事を始めた時に

遅刻をしてしまうのは問題だ

 

遅刻してしまうと言う悪しきクセを医療機関に頼っている今の内に

打倒せねばならないことだけは明確だ

ファイト自分!頑張れ導君!

ということでこのブログでもいつしか、いい知らせが出来るようにしたいと思う☆

言波 導(ことのはしるべ)の自己紹介

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

自己紹介をしようと思います

これはTwitterの固定ツイートに貼り付ける物です

今までブログでは導君の人生を語って来たことが、しばしあった

重複する内容があるけどご理解ご了承願います

場合によっては内容が編集されることが可能性としてあります。御理解下さい

最後まで読んでもらえると幸いです。

念の為最後にも書きましたが最初にも書きます。

KotonohaShirubeをフォローしたら2週間お試し期間をして下さい

そしてフォローを外す際は必ず一言フォローを外す理由を述べて下さい

お互い気持ち良く別れる為です。必ず守って下さい。

それでは自己紹介に参りましょう!

 

・1995年東京生まれ東京育ち東京都内在住

 

・【Twitterアカウントのスタンス基本、雑多。でもゲームがメイン】

Twitterで@KotonohaShirubeと検索すれば雑多のTwitterアカウントが出ます

 

・【Twitterアカウントのスタンス不定期な曜日に18時以降に一作から詩をツイート】

Twitterで@KotonohaRiaと検索すれば詩のTwitterアカウントが出ます

 

・ PSIDメインBRAVEchoco(基本コチラにフレンド申請して下さい)

・PSIDサブKotonohaRia(レインボーシックスシージのみ)

 

Twitter、KotonohaShirubeの

~主にツイートする内容~

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージ以外のゲーム

・日常

医療機関利用(参考にはならないことを留意して下さい)

・50ツイート毎の振り返りツイート(たまに誤差が生じます)

・健康状態(精神状態も含まれます)

 

~たまにツイートする内容~

・マンガ

・お菓子関係(新作とは限らないことを留意して下さい)

・映画

・140字小説(しるべ語りとハッシュタグを検索すると過去作が読めます)

・小説更新ツイートと小説進捗状況

はてなブログ更新ツイート

 ・質問箱の回答(プロフにURL貼ってあるので、導君が不快に思うことと、誹謗中傷以外なら回答出来ますと思います)

 

好きなもの

・好きな食べ物は、お菓子、チョコ、オムライス

チョコはお菓子だけど特別に好きなんだ

・好きなミュージシャンは、DOES、あいみょん、他

・好きなマンガは、銀魂、累(かさね)、惡の華、他

・あと好きな物はゲーム

 

将来の夢

作家になること

詩集なり小説を世に出したいと考え試行錯誤しながら実行中

 

趣味

ゲーム、映画館で映画鑑賞、マンガを読むこと

ゲーム以外は時々なことが多いけど導君の外せないチャームポイント

よくゲームをする機種はPS4ニンテンドースイッチでゲームプレイ

2012年~2015年ぐらいまではPSvita3DSが主でした

 

PSvitaプレイタイトル

鬼討伝シリーズ、マインクラフト、ソウルサクリファイスシリーズ

ゴットイーターシリーズ、他

 

PS4プレイタイトル

レインボーシックスシージ、マインクラフト、フォーオナー

THELASTOFUS(ザ・ラストオブアス)、キングダムハーツ3、他

メインでプレイしているのはレインボーシックスシージ

 

ニンテンドースイッチプレイタイトル

スマブラSPスプラトゥーン2、マリオカート8DX

 レインボーシックスシージは導君は上手い訳じゃなけど

初期から長年楽しんでいます!

導君のレインボーシックスシージでの課題

・リコイルコントロール

・ゴールド帯に常時いること。現在シルバー帯から始まりブロンズ帯に落ちて行くのが多いです。なので正直弱いです。強い人にたくさん教わりたいのと、もしくは出来ればクラン様に入って育成して頂きたいです。プラチナ以上のランクは未経験なので、そこまで上がれるなら上がりたいです。

 

~言波導の人生~

保育園と幼稚園のどちらかと言うと保育園だった

戦いごっこもして元気な男の子だった

 

小学生の頃、児童館保育も導君はあった

児童館保育が終わり小4になってから

児童館以外に公園でもよく友達と遊ぶようになった

女子の友達もいた

だからバレンタインデーは友チョコをもらっていた

小学生の頃、導君自身は経緯は覚えてないけど右耳の聴力が弱いことが発覚

小2の頃に耳にあるはずの音を伝達する3つの骨の内あぶみ骨という骨が無かった

その為チタンであぶみ骨の代用手術をしたが

聴力はそれなりに良くならず今でも代償機能「機能していない体の組織の代わりに他の体の組織がその機能を執り行うこと」で発達した左耳で多くの音を聞いている

その為どこから音が発生しているか判断出来ない

シューティングゲームは意外と音を聞くのが重要なので、かなりのハンデ

小学生時代はかなり、かんしゃくがあった

発達障害の気があるということで調べ診断結果は導君の元には届かなかった

それでも何か導君が問題を起こす度に母親は

「支援クラスに行くか?」と威圧的に言って来た

導君は小学生までは通常級のクラスにいた

それで小学校卒業も近い頃に母親のまた威圧的質問に導君は痺れを切らし

「行ってやる」と答えた。あとで分かったことだがすでに区の方から

支援クラスを母親はススメられていたらしい

 

そうして通常級のある中学の支援クラスに入った

当時導君は人を信用出来ず憎んでいた

中1の入学時は友達なんて作れないし作らないとまで思っていた

実際通常級と支援級は関わることが暗黙のルールでしてはならなった

通常級には小学校の頃の友達もいたが会いに行けないのが心苦しかった

3年生の先輩とある日放課後レゴで遊びながら会話をした

その先輩はひき逃げの事故に遭い体半身が麻痺していた

そんな先輩に導君は「ひき逃げ犯を恨んでないの?」と聞いた

そうしたら先輩は「恨んでないよ。恨んでも仕方ないじゃん」と答えた

そこで導君は人を憎んでばかりだったが人を許すことを学んだ

それからは中学の支援クラスにも打ち解けて行った

中2、中3と進むに連れ、支援クラスでも仲のいい先輩後輩が出来た

しかし正直卒業時にはみんなとお別れだと、決心していた

だが2つ下の後輩に「もっと遊びたい」と言われた

そして導君が卒業しても遊ぶことにした

そのおかげで今でもTwitterで繋がりがある

可愛がっていた後輩だ。それに実際可愛かった。男の子だけど

中学の支援クラスを卒業する間近にチャレンジスクールという

不登校を経験した生徒が集う高校に受験した

経緯は通常級の高校に行きたいという導君の意思を

当時の担任がくみ取ってくれた。そして学力的に健常者と差がある為に

チャレンジスクールという進路になった。

しかし不合格。母親と約束していたのもあり高等部の特別支援学校に入学することに

 

特別支援学校に入る前に副校長先生と面談する日があった

2011年3月11日だ

その日導君は泣きながら副校長にあることを訴えたのを覚えている

それは「小学校の同級生に胸を張れるようになりたい」と。

「支援学校はもうイヤだ」と。

その裏には通常級の生徒ともう一度学びたい思いがあった

そして進級するに連れ特別支援学校での生活は慣れては行ったが

必ず退学してやるという野心は持ち続けていた

そんなある日1人の生徒が愛の手帳「障害者手帳」を取得しに行くと言った

そうすると当時高2の担任が「心理テストはわざと間違えてもいいよ」と言った

導君はそんなことが許されるなら誰しも障害者手帳を取得出来ると思った。

それにそのような発言をするのは導君のいたクラスの担任だけではなかった

こんな学校を卒業したら赤っ恥だ。小学生の頃の同級生に胸なんか張れない

そう思い、本格的に退学の意志を固めた。

3年になってすぐに沖縄の修学旅行に行った。その時

進路も決めていなかった導君に泊まる部屋が同じになった担任が

沖縄の宿で「進路どうする?」と聞いて来た

みんな障害者雇用で順調に内定をもらっていた生徒が多かったからだ

導君はどうにか退学したい

だからこう言ったのだ

「大学に行きたい」

それからは授業に出なくて良くなった。個別で勉強しなさいと

しかしすぐに大学に特別支援学校からは進学出来ないシステムになっていた

通常級の高校で高卒認定を受けなればならなかった為

特別支援学校を卒業すると他の高校にいけないから

高3の12月まで在学させてもらい退学することが出来た

 

そして二度目のチャレンジスクールへ受験。結果は不合格

通信制の高校も受験。結果は不合格。一浪した

 

2015年二十歳になる年に私立高校に受験

その学校も不登校を経験した生徒を対象としていた

誰でもウェルカムな学校だったので合格

年齢も発達障害の有無様々な生徒がいた

友達は欲しかったが失われたコミュニケーション能力が

妨げとなり友達を作れず2018年3月11日卒業した

二度目の高校も修学旅行は沖縄で美ら海水族館も二度行った。

二度目の高校は昔から遅刻欠席の多かった導君にとって課題提出というのは

大変だった。授業に全て出ていれば課題は埋まるかたちとなっており

授業に出れなかった導君は課題提出期限ギリギリでいつも出していた

そうして導君は二度目の高校で見つけた進路に進むと決めた

大学ではなく服飾の専門学校だ

しかし通院日が当時金曜日だった為、専門学校の課題提出日と重なる

という理由から落とされてしまった

もし服飾の専門学校に入れたなら将来の夢も変わっていただろう

 

今は医療機関を頼り社会復帰と言うか社会で自立出来るように

少しずつ精神的にも安定出来る環境作りをしています

2018年に入院した時に担当医から

導君は初めて直接発達障害と言い渡された。そして発達遅滞「はったつちたい」と言う

ものらしい。自閉症スペクトラム障害のひとつらしい

発達障害は脳機能の障害なので治るという概念がない

それに

導君は心理テストの結果で出ているので把握しておいてもらいたいのは

音で聞いた言葉を記憶するのが苦手と出ている。

その為文字にして読んで記憶する手間が必要らしい

他の結果は健常者より、やや数値が低いぐらいで生活で大きく支障をきたすことはない

ようだ。

とりあえずはアルバイトが出来るようになれば少しは小学生の頃の同級生に胸が張れるかな。今はまだ医療機関に通うことが優先だけど。

現在通っている医療機関

・保健所の保健師さんとの面談

デイケア

・病院のメンタルヘルス

(現在通っている医療機関に行きます行って来ました等の呟きをするので、今日はこれから行くんだな行って来たんだなって温かく見守って思いとどめて頂けると幸いです)

 

発達障害の他に主な病気としてあるのは、左肩の脱臼癖、てんかん発作、右耳難聴

脱臼はしないように自分で気をつけているけどリアルでの出会いがもしあった場合

肩が後ろに行かないように気をつけたり、

重い荷物を持たせる等のことを避けたりして欲しい。

 

てんかん発作は薬で抑えているけど

疲労が溜まっても発作が起きて重症の場合けいれんや排尿や泡を吹くことがある。

万が一の為にもフォロワーさんに気をつけて欲しいことは

他に激しい光の点滅を視界に受けた場合も発作は起きる。

つまりレインボーシックスシージでラウンドに勝ったからと言い

フラッシュバンをむやみに投げたり

ブリッツやインのフラッシュを浴びせる等は控えて欲しい

発作前兆が導君はあるのでゲームプレイ中のボイスチャットで時に突然

発作が起きると言うけど言えずに発作が起きてしまうことも留意して頂きたい。

 

 

~あれこれのいきさつ~

Twitterを始めたきっかけは2016年に中学の後輩で友達でもある後輩から

導君が二度目の高校の頃、ケータイを持っていなくて、それでも

毎週会っていた。でもその後輩も高校で忙しく

毎週会う約束が出来ないってなった

それで連絡手段としてPS4に登録しているメルアドで

Twitterアカウントを作成した。そしてPS4から当時は

Twitterを開き連絡をやり取りしていた

そして今も彼とはスマホ版のTwitterを返して連絡を取っている。

 

詩を始めたきっかけは最初は詩などのタグもつけなかったし、

詩をツイートする気も無かった

導君のKotonohaRiaというアカウントはサブ垢みたいに使う予定だったし

しばらく使用もしていなかった。2017年の秋に始動した。

思ったことやメッセジーをツイートを

していく予定だった。しかしあまり反響がなかった。

メッセージを表現するにはなにがいいだろうと考えて

結果、詩というものに辿り着いた

 

小説はなぜ書くか

小中の頃はマンガを描いていた。絵のクオリティーは別として

その後も中学の支援クラスの後輩が絵を描くのが得意だった

だから一緒にマンガ作成したが1ページも完成せず遊んで終わった

しかし物語りのアイディアは導君が提案していた

つまりマンガを読むのも好きだし

絵が機能しないなら導君だけで物語りを書こう

それなら小説だよなってノリ

 

ゲームを初めて触れたのはゲームボーイカラーでお姉ちゃんと共有して

やったポケモンの金。それからDSやPSPWiiPSvitaのゲームをやった

そして弟とお金を出し合ってPS4を買った。

ニンテンドースイッチは個別で購入した

弟は父親が買ったPS4を今は使っている

 

一つ一つゲームソフトを購入した、いきさつを書くと書くのも読む側も疲れる

だろうから割愛します。だいたいは面白そう楽しそうです。

 

銀魂が好きになったきっかけ

小学生の頃に女友達がクラスメイトと話しているのを

横から聞いていてアニメで銀魂がやっていて面白い

という言葉を聞いて当時銀魂は月曜の18時からだったので

見ることにした。その時柳生家と戦う柳生編がやっていた。

ギャグもあって友達の言う通り面白いなって思って

中学生からはマンガも買って読むようになったぐらいだ

 

バンドDOESを好きになったきっかけ

アニメ銀魂の主題歌を担当したりしていたのが大きいだろう

Youtubeを見るようになったのは特別支援学校の頃ぐらいからだ

それからYoutubeでDOESの曲をよく聴くようになった

そして「修羅」「曇天」「博打ダンサー」以外にも聴く曲が増えた

 

あいみょんのファンになったきっかけ

銀魂の影響もありバンドのDOESの曲をYoutubeで聴いていて

オススメの表示にたまたま、あいみょんの「生きていたんだよな」が

出てきた。それを聴いて感動したのが、あいみょんのファンになったきっかけだ

あいみょんがメジャーデビューする2016年のことだった

そして2016年10月31日

東京池袋のタワーレコードでCDを購入して

あいみょんのメジャーデビュー初日の初のミニライブを聴いた

そのあとCDへのサイン会もあったことは忘れない。いい思い出だ 

 

このぐらいで自己紹介を終わります

最後にKotonohaShirubeをフォローしたら2週間お試し期間をして下さい

そしてフォローを外す際は必ず一言フォローを外す理由を述べて下さい

お互い気持ちよく別れる為です。必ず守って下さい

アーティストな友人と会った日

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

2019年6月19日(水)に久しぶりに友達と会った

 

1人の友達とTwitterを返してコンタクトを取り

2019年6月19日に会った

彼は中学時代の後輩で絵の得意な子だった

他の記事で書いているが導君は中学時代は

支援学級に通っていた。つまり今回の友達も支援学級の生徒だ

しかし彼は導君のように高校も特別支援学校ではなかった

導君は二度高校生活をしていた訳だが

彼は中学卒業後工芸高校に進学が出来た。定時制ではあるが

先輩としては誇らしく思う。

その後高校も卒業して専門学校まで進学している

導君は通院日の曜日が当時金曜日で

二度目の通常級の高校を卒業時に服飾の専門学校に受けたが

課題提出日と通院日が重なることから落ちてしまった

その為導君は高校卒業までの学歴で終わった

華々しく専門学校に進学した友達は会った19日に言ってくれたが

ストレスも溜まったのか精神的な疾患をいくつか患ってしまったようだ

しかしそれでも頑張って日々を過ごしていると思うと

可愛い後輩の上に応援したくなる

 

彼は数年前からロードバイクをやっている

パラリンサイクルという障害を持った人のサイクリングレースも応援しているようだ

彼は自分のデザイン出来る能力とロードバイクを掛け合わせた

グラフィックデザインを活かしたアート活動をしている

 

順調に成長している友達に導君は2017年の秋頃からTwitterでやっていた

詩について作品もそれなりの数になったし

いつまでも収入を得ず医療費だけ親のお金から払ってもらうのも

心狭く感じていた。

だから詩集を出したいと言った。

すでに2社ほど出版社に詩集を出したいと言ったが

自費出版になり、その上高額だった

これは赤字しか生まないと判断して断念した。

その旨を友達に会った19日に伝えた。

そして

友達はフリーランスの先輩になるわけで彼はまだ未熟だと自分で

言っていたが導君は彼の言葉から

プロフェッショナル感を感じた

「人と繋がることが大切だよ」

彼はそう言った。

イベントをやっている人の所へ行き話してごらんと。

導君は思った

リアルでの人脈作りがとても大事でSNSだけでは物足りないのだと

コネクションを作らなければと

実際、彼はそうやったことで

企業にも声が掛かり商品販売をしている。

 

彼から他にもアドバイスをもらった。導君は耳で聞いたことを記憶するのが

苦手な脳だと心理テストの結果で出ている

その為文字で書き起こした物を読んで記憶する手間が必要らしい

それでアドバイスを聞いた上で最後に

Twitterのダイレクトメッセージに改めてアドバイスを友達に

書き起こしてもらい送ってもらった

友達には出版社に送った詩集のデータも見せている

それではアドバイスをいくつか紹介しよう。ブログにも活かせるものがあるかも知れない。

・詩集の横に写真やイラストをつける

これはブログでも効果的だと思うしTwitterで詩をツイートする時にも

効果的だ。実際に実践してる人も多い

・最初の内は利益は二の次。利益はあまり考え無い方がいい。でも

前向きに!

これはアートなどの作家活動は利益がほとんどプラマイゼロだと

友達は言っていた。だからどれだけ自分が

楽しく継続的に本気でやれるかと言うことだと思う。

ブログもたくさんの人がやっている昨今

本気で稼ぎたいのかで力の入れ方も変わって来るだろう

導君はブログで稼ぐ気を無くしてから逆に心がラクになりました

・若い人に届きやすい詩に挑戦してみる

これは流行をつかさどる若者にも届く詩にしてみて

ということだと思う

若者にも文芸が好きで詩をツイートしているTwitterの人を

導君は知っている。

少なからず詩は若者にも届くだろう

しかし彼はあくまでロードバイクグラフィックデザインの掛け合わせた

アート活動をしている訳で詩には詳しくない。

つまりターゲットにする年齢層が彼の場合

若者なだけで詩はそうじゃない可能性もある

・文は1ページに収める

これはWordの詩集データを見せた時、1ページに2、3作品詰めこんでおり

印刷した時にこれだと、いくつかの作品が中途半端に印刷されると心配された

 

という感じのアドバイスだ。彼なりに導君の詩に対してくれた言葉だ

 

やはり可愛い後輩であり、頼りにもなる友達だ

持つべきは友達だね

ブロガーさんに読んで欲しい記事Twitterのフォロワーさんにも

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

今回はブロガーに申し立てたいことを語って行きます

 

2019年3月1日からはてなブログを始め

100記事を超えてからは投稿したい時に投稿するかたちを取ることにしている

だから毎日投稿はやめた訳です

 

導君はTwitterをやっているけどゲームメインで他のことも雑多に呟いている

ブログを始めた当初は

ブロガーさんと繋がりたいなどのタグを使って積極的に

ブログをやっている人もフォロワーさんにしようとしていた

しかしブログに本腰入れるのをやめた今は

ブロガーのフォロワーさんはぶっちゃけ要らない

 

しかしそれでもブログを投稿したツイートをすると1、2名

時々フォローして来てくれる

これが凄く困る

 

フォローバックはもうコチラはするつもりはから

フォロー稼ぎでフォローして来たブロガーさんに

数時間、あるいは数日後にフォローを外される

これも凄く迷惑

 

現状Twitterで相互フォローのブロガーさんはコチラから

フォローを外すこともブロック解除することもない

もしフォローを外されたら

外し返すだけだね

 

導君のTwitterのプロフィールの文章中には

フォロワーさんと今後フォローする人向けに

注意事項が書いてある。どんな内容かと言うと

リムる(フォローを外す)際は一言必ずリムる理由を下さい

って書いてある。しかしなかなか守る人が少ない

これはブロガーだけの話しじゃないけど。

 

つまりプロフィールを見てないって証拠でもある。

このプロフィールの注意事項は一ヶ月程前に付け足したものだ

だから古参のフォロワーさんは目にすることは、あまり無い。

しかし導君はツイートしてプロフィールの文章を読むように促した。

そして新規のフォロワーさんなら一度はフォローする相手のプロフィールぐらい見る

だろう。それでも導君の一つのツイートだけを見て

フォローの判断をするのはバカだ

これは他人のツイートを見ても同じくフォローして

「思ったのと違う~!」と言ってリムっての繰り返しをしている

学ばないアホだ

 

 

まずはフォローする前に相手のプロフィールを見ることだ

どんな人かほとんどの場合ちゃんとプロフィールが書いてある

中にはふざけて適当なプロフィールの人もいるがその人はその人だ

基本導君はプロフィールの構成が整っていて自身のツイートでなんらかの自己発信が

出来ているアカウントをフォローするようにしている。

リツイートの多い人も多くは導君は自己発信する気が無いと判断してフォローバック

しない。リツイート自体するなと言っている訳じゃない。

リツイートしかしないアカウントが存在するからフォロバに困るのだ

 

導君はルールを設けてお互いが心地良くTwitterを出来るようにしている

一個人の勝手なルールだ

しかし守らなくてもいいとナメらては困る

そもそも難しいルールは一つも無い。このぐらい守れるだろう?

導君のプロフィールには固定ツイートを見るようにも促している

プロフィールの文字制限では足りないからだ

自己紹介としと導君の補足がある。

ほんのひと手間だが固定ツイートまで見て

導君の主なツイート傾向を理解して欲しい

 

 

スマホの機種変更をした

こんにちわ!言波導(ことのはしるべ)です!

2019年6月15日スマホの機種変更をした

AndoroidooneS1からAndoroidooneS3に

 

機種変した理由として画面上部からステータスバーを出すのだけれど

AndoroidooneS1は自然故障してしまい

画面上部からステータスバーが下ろせなくなってしまった

数週間そのままで自動回転をONにして画面を横にすることでステータスバーを下ろしていた。ステータスバーを下ろせないとどんなところが不便か言うと

通知を消すことが出来なかったのだ

例えばTwitterでいいねを貰った時に

「〇〇さんからいいねをもらいました」というスマホからの通知をスライドして消して

Twitterの通知ボタンを押していいねを貰ったことを最終確認する、かたちをとっていた。

しかし画面上部のスライドが出来なくなり画面の向きを変えないとスマホからの通知を

スライドして消すことが出来なくなってしまった

そしてそんな困っている時に、ちょうどいいタイミングに

母にYahooからメールが届いた。

本体価格980円の限定販売というものだ。

アウトレット商品だったけど

これは機種変更のチャンスだねと2人でうなずいた

そうしてメールから特設のネットショップに移りAndoroidooneS3購入。

 

数日して6月14日に本体が届いた

そして15日にSIMカードを入れたりしたし

Twitter等のSNSも持ちアカを新機種に登録した

しかし導君は知らなかったゆえにLINEでやらかしてしまった

データの引継ぎというものが存在するのを知らなかった

その為トークの内容も購入スタンプも全て消えて残ったのは、登録してあるともだちだけだった。でも他のSNS等は無事だった。

 

機種変更したが型はそこそこ古い方だが新しいバージョンのスマホでこれから

また日々を重ね思い出を作って行くのだろう。楽しみだ♪